ML大学Python学部NumPy学科

主に学んだことのアウトプットの場として

【書評】Python学習の初めの1冊「みんなのPython 第4版」

Pythonの基礎は下記の書籍で学びました。 半年程前に一度さらっと読み、先日から再度読み始め、昨日精読し終えたので、理解した内容を整理する意味も込めて記事を書いてみたいと思います。

みんなのPython 第4版

みんなのPython 第4版

本書の対象者

本書はプログラミング未経験の方にもお薦めできます。なぜなら、極めてとっつきやすい構成となっているからです。

普通、まだ実際にコードを書いたことが無い人がプログラミングに関する参考書を読んでいると、これは一体何のために書いてあるんだ?と疑問に思ってしまう部分が多いのではないでしょうか。

つまり、実際の利用方法のイメージが湧かない記述が、読み進めることの障害となることがあると思います。それは僕の経験上、学習のモチベーションを著しく下げます。

本書はそうならないよう、内容の掲載順序や説明の仕方が良く工夫されているように思います。でありながら、「はじめての◯◯」といったタイトルの書籍にありがちな、フワッフワッとしたなんとなくの理解で読者を騙すようななんちゃって参考書とは一線を画しています。

そういう意味で、本書はとてもバランスの良い参考書であると言えます。

僕は元々RubyC#など他の言語に関する知識があったのですが、そうではないプログラミング初学者の方でも問題無く読み進めることができ、かつ、それなりに読み応えのある書籍ではないかと思います。

機械学習関連の記述

本書の第12章には、機械学習を行う際のPythonの活用法も書かれてあります。

内容は極基本的なものですが、実際のコードが書かれてありますので、最初にイメージを掴むのにもよいのではないかと思います。

目次と一言メモ

Chapter01 プログラミング言語Python
Pythonを学ぶメリット、環境構築(AnacondaやJupyter Notebookなど)

Chapter02 Pythonでプログラミングをはじめよう
組み込み型、変数、for文やif文、関数、モジュールなど、基本的な内容

Chapter03 Pythonの基礎をマスターする
ディクショナリ、set(集合)、タプルなどの組み込み型や、if文、ループ

Chapter04 組み込み型を使いこなす
前2章で学んだ組み込み型の使いこなし方

Chapter05 Python関数型プログラミング
Python関数型プログラミングを行う方法

Chapter06 クラスとオブジェクト指向開発
Pythonでのクラスの作り方、使い方

Chapter07 クラスの継承と高度なオブジェクト指向機能
クラスの継承、特殊メソッド

Chapter08 モジュール
モジュールの概要、使い方

Chapter09 スコープとオブジェクト
名前空間とスコープの違い、オブジェクトとアトリビュート

Chapter10 例外処理
Pythonにおける例外処理

Chapter11 標準ライブラリを使う
Pythonが標準で用意する便利なライブラリ

Chapter12 Pythonとデータサイエンス
機械学習含め、データサイエンスにPythonを用いることのメリット、基本的な手法

Chapter13 Python2
Python2とPython3の差異

最後に

僕の今後の学習方針としては、本書で学んだ基本的なPythonの使い方を以て、実際のコードをたくさん書いていきたいと思います。

その中で、書き方に疑問を感じた際は本書を辞書的に使うこともできそうです。

みんなのPython 第4版

みんなのPython 第4版